エンティティの操作

エンティティの操作 PRODUCT AVGIDEA, INC.

ユーザーは、共有されたエンティティ セット及びエンティティの操作が行えます。コンソールから他のデータソースへエンティティのエクスポート / ダウンロードやエンティティ セットにコメントをつけることが可能です。コメントがあった場合、エンティティ セットを共有されているユーザーのみにメールで通知することができます。


エンティティ セットの表示

1. ADP コンソールから「Data Exchange」メニューを選択し、対象のエンティティ セットの「VIEW」ボタンをクリックします。


2. 画面下部にエンティティ セットに含まれるエンティティ一覧が表示されます。複数のデータソースが関連付けられている場合、左上のアイコンからデータソースを切り替えることができます。

エンティティ セットのエクスポート

1. エクスポート対象のエンティティを選択し、左上のドロップダウン メニューから「EXPORT」アイコンをクリックします。



2. エクスポート先のデータソースを選択し、「EXPORT」ボタンをクリックします。


  • エクスポート先が、Google BigQuery の場合、ファイルのフォーマットの指定が必要です。

  • エンティティの読込元となっているデータソースをエクスポート先に選択することはできません。

  • エクスポート対象先のデータソース一覧はこちらをご覧ください。



3. 処理が正常に完了すると対象のデータセットに、該当エンティティがエクスポートされます。


* データセット内に同一のテーブル名が存在する場合、エクスポート処理はエラーで終了します。




エンティティ セットのダウンロード

1. エクスポート対象のエンティティを選択し、右上のドロップダウン メニューから「DOWNLOAD」アイコンをクリックします。



2. Download ダイアログの「Download」ボタンをクリックすると、選択したエンティティのダウンロードが開始されます



エンティティ セットへのコメント

1. 該当エンティティ セットを選択後、エンティティ一覧の右下のテキスト フィールドに任意の文字列を記入し、メッセージ スレッドにコメントを追加できます。

* メッセージ スレッド左上のリフレッシュ ボタンをクリックすることにより、最新の状態に更新できます。



2. Notify オプションを設定している場合、エンティティ セットを共有しているユーザー(最後にコメントを追加したユーザーを除く)に対して、メールで通知が送られます

* メールでの通知は 10 分間隔で実行され、直近5つまでのコメントがメール本文に含まれます。