ADP Technical Guide

ADP(Avgidea Data Platform)は、データの活用時におけるアクセスのしやすさや利便性を向上するプラットフォームです。

下記のコンポーネントから構成されています :

  • Data Search(ADS)
    ADS は、インターネット上に点在する様々なオープンデータを単一のコンソールから検索・ダウンロードが可能です。

  • Query Editor(AQE)
    AQE は、インターネット上の SPARQL のエンドポイントまたは定義済みの BigQuery データソースに対して、クエリーを実行し、結果をコンソール上に表示します。

  • Publisher(AP)
    企業やその他の団体は、ADP を経由で外部のユーザーに対してデータを公開することが可能です。また、既存のオープンデータを外部リンクとして登録ができます。

  • Prediction(APD)
    任意のテキスト データにディープラーニング技術を用いた感情分析を実行することができます。現時点では、英語、フランス語、ドイツ語、英語、イタリア語、日本語、スペイン語などをサポートしています。

  • Social(AS)
    AS は、指定されたキーワードを元に日時でツイートを収集を行い、ツイートのテキストに感情分析を実行・集計します。自社や競合他社のブランドの分析に活用することができます。

  • Data Exchange(ADX)
    プライベート環境下において、任意のユーザー間でセキュアなデータ交換を実現します。様々なクラウド上のデータベースやストレージとの連携を行えます。

  • Storage(ASG)
    各ユーザーに固有のストレージ空間を提供します。データの操作はあらかじめ構成された Storage データソース経由で実行します。

  • Function(AFX
    ユーザーが作成した任意の Python プログラムを Storage 上のファイルに対して実行することができます


Avgidea Data Platform は、任意のメールアドレスあるいは既存の Facebook、Github、Google アカウントを用いてログインすることが可能です。アカウント登録後、一部の機能を限定利用することができます。

  • Avgidea Data Search & Query Editor の使用

  • Avgidea Prediction の API コール数:100 回

  • Avgidea Social に登録可能なキーワード数:5


ADP の各種エディションに含まれるコンポーネント一覧はこちらです。